3つのSMART
TOYOSU22 GINZA gCUBE sportxart がすてなーに TOKYO Inner city WILDMAGIC TOKYO Inner city

3つのSMART

T O Y O S U 2 2 ―― 3つの「SMART」がまちづくりの柱です。

TOYOSU22では、新しい価値観・生活感が息吹く、22世紀にも持続できるまちを目指し、最先端のエネルギーシステムを導入することにより環境負荷の低減とエネルギーセキュリティの向上を実現する「スマートエネルギー」、水と緑に囲まれたまちなみとそれを生かしたライフスタイルやワークスタイルを創造する「スマートグリーン」、安全・安心や地域のにぎわいをエリアマネジメントにより実現する「スマートコミュニティ」を3つの柱とする「Tokyo Smart City」をコンセプトとしたまちづくりを進めていきます。

先進の技術と人の目が、このまちのエネルギーを支えます。

SMART ENERGY

環境負荷を減らして、エネルギーセキュリティも強化したまち。

TOYOSU22は、環境特性に優れ、高いエネルギーセキュリティを備えた先進のスマートエネルギーネットワークにより支えられています。このエネルギーシステムは、BCP対応力の要であり、低炭素社会の実現には欠かせない技術です。まちづくりの進展に合わせ、段階的に拡張していきます。

スマートエネルギーネットワークの詳細はこちら
計画中のスマートエネルギーセンター

SMART GREEN

環境負荷を減らして、エネルギーセキュリティも強化したまち。

豊洲を、水と緑に抱かれた美しいまちへ。そのビジョンを実現し、地域の価値を高めるデザイン戦略が「グリーンクロス」です。二層の緑化計画により、多様な自然を根づかせ、都市の利便と自然景観の両立をめざす取り組みです。レジデンスにもオフィスにも新たなライフスタイルを提供します。

周辺環境のご案内はこちら
「グリーンクロス」は、「自然の緑」と「都市の緑」をクロスさせた個性的な緑化計画

SMART COMMUNITY

まちの成熟に欠かせない長期的視野に立ったエリアマネジメント。

東京ガスグループはこれまでも豊洲地区のコミュニティづくりに参画してきました。その姿勢はTOYOSU22が誕生した後も続きます。暮らす人、働く人、訪れる人にとって、ここが安心で快適なまちであり続けるよう、長期的なコミュニティづくりに取り組みます。

マリンスポーツでコミュニティ活動ができるのもTOYOSU22の強み

3つのSMARTで拡がるビジネスチャンス

東京の顔から、世界のTOYOSU22へ

東京ガスグループは行政や他の地権者とも連携しながら、TOYOSU22のプロジェクトを進めています。周辺の交通インフラは整い、高度医療機関や豊洲新市場の建設も進んでいます。豊富な話題と情報発信力を備え、さまざまなビジネスチャンスが生まれることが期待できます。

豊洲2・3丁目ごしに眺望できる新名所、東京スカイツリー

コマースプランの可能性

都内有数の観光拠点としても期待されている豊洲新市場。年間600万人規模の観光集客が見込まれています。

コマースプランの可能性

昭和大学江東豊洲病院が新たに開院予定。周辺には高度医療機関の集積が進んでおり、医療の安心を訴求できます。

コマースプランの可能性

埠頭を囲む水際プロムナード(全周5km)と水域を併用した、スポーツ・健康事業プランも検討できます。

TOYOSU22のビジネス利用はもうはじまっています。アウトドアパークWILDMAGICスマートハウジング豊洲まちなみ公園